2023/04/06

テレワークで必要なセキュリティ対策6選!
方法と必要性を解説

テレワークでセキュリティ対策が必要な理由

テレワークは自宅や外出先からでも仕事ができる便利なシステムですが、同時にオフィス環境から外れることで、セキュリティ面で脆弱になることがあります。例えば、自宅ネットワークやパソコンのセキュリティが不十分だった場合、ハッカーによる攻撃や個人情報の漏洩が起こる可能性があります。また、職場とは違った環境で仕事をするため、従業員が誤って社内情報を公開してしまうこともあります。これらのリスクを回避するため、テレワークにおいてはセキュリティ対策が必要不可欠です。 

関連ページ:クラウド時代のセキュリティ”ゼロトラスト”構築

テレワークの普及に伴うセキュリティの脅威

テレワークの普及に伴い、従業員が自宅や外出先から仕事を行う機会が増えました。しかし、これによりセキュリティの脅威も増大しています。例えば、自宅ネットワークや個人用パソコンのセキュリティが不十分だった場合、ハッカーによる攻撃や個人情報の漏洩が起こる可能性があります。また、公共のWi-Fi環境での仕事を行う場合、他人による不正アクセスや盗聴が懸念されます。また、自宅や外出先での仕事中に、家族や友人からの誤って社内情報を漏らしてしまうこともあります。これらのセキュリティ脅威に対応するため、テレワークにおいてはセキュリティ対策が求められます。

テレワークで実際に起きた最悪の事例

テレワークが普及する中、適切なセキュリティ対策が行われていない場合、最悪の事態が起こることがあります。例えば、2020年にはオンライン商談プラットフォーム「Zoom」のセキュリティ問題が報じられ、Zoomによるオンライン会議中に不正アクセスが行われ、個人情報や機密情報が流出したという事例が発生しました。また、社内情報を自宅で扱う場合には、家族や友人からの不適切なアクセスによって情報漏洩が起こる可能性もあります。これらの事例は、テレワークにおいてもセキュリティ対策が重要であることを示しています。 

関連ページ:サイバー保険とは?加入の必要性や補償内容を紹介

テレワークで必要なセキュリティ対策6選

テレワークをする場合、次のようなセキュリティ対策が必要不可欠です。

1.セキュリティリスクの認識

インターネットや情報システムの普及により、セキュリティリスクが増大しています。しかし、多くの人々は自分が直接被害を受ける可能性が低いと認識しているため、セキュリティ対策を怠っていることがあります。しかし、不正アクセスや情報漏洩などのセキュリティリスクは誰にでも起こりうるものであり、自分自身が被害に遭う可能性があることを認識することが重要です。特に、テレワークが普及する中で、自宅や外出先からでも仕事ができるため、セキュリティ対策の重要性が一層高まっています。セキュリティリスクを認識し、適切な対策を講じることで、安心してインターネットや情報システムを利用することができます。

2.VPNの利用に伴うセキュリティ対策

VPN(Virtual Private Network)は、インターネット上で暗号化された通信を実現するための技術です。VPNを利用することで、自宅や外出先からでもセキュアなネットワークにアクセスできるため、テレワークにおいてセキュリティ対策として広く利用されています。しかし、VPNを利用する場合にも適切なセキュリティ対策が必要です。まず、VPN接続先のサーバーがセキュアであることを確認することが重要です。また、VPN接続時には強固なパスワードを設定し、定期的に変更することが望ましいです。さらに、VPN接続中には、不審な通信がないか定期的にチェックすることが必要です。これらの対策を講じることで、VPNをより安全に利用することができます。

3.パスワードの管理

テレワークにおいては、自宅や外出先から仕事をするため、多くの場合、パスワード管理に課題が生じます。自宅のパソコンやスマートフォンに保存されたパスワードが漏洩した場合、重要な情報が盗まれるリスクがあります。また、個人的なアカウントと仕事用のアカウントを同じパスワードで管理している場合、仕事用のアカウントが漏洩した際に、個人的な情報も漏えいする可能性があります。そのため、テレワークにおいては、パスワード管理に対する適切な対策が必要です。例えば、パスワードマネージャーを利用することで、安全にパスワードを管理することができます。また、個人的なアカウントと仕事用のアカウントで異なるパスワードを使用することも重要です。適切なパスワード管理によって、セキュリティリスクを軽減することができます。 

関連ページ:ログイン情報管理もクラウドで一元管理?シングルサインオンとは

4.セキュリティソフト(EDR)の導入

テレワークにおいては、コンピューターウイルスやマルウェアなどの脅威に対するリスクが高まります。そのため、セキュリティ対策として、セキュリティソフト(EDR:Endpoint Detection and Response)を導入することが望ましいです。EDRは、コンピューターウイルスやマルウェアなどの検知・防止に特化したセキュリティソフトウェアであり、PCやスマートフォンなどの端末にインストールして使用します。EDRを導入することで、脅威の検知・防止だけでなく、侵入された後の被害の抑止や追跡も可能になります。また、EDRはセキュリティ対策の自動化や分析レポートの提供など、テレワークにおけるセキュリティ対策の強化に役立ちます。テレワークを行う場合は、EDRの導入を検討し、適切なセキュリティ対策を行うことが重要です。 

関連ページ:「EDR」とは?機能や仕組みをわかりやすく解説【図解あり】

5.データバックアップの実施

テレワークにおいては、データの漏洩や紛失のリスクが高まります。そこで、セキュリティ対策としてデータバックアップの実施が重要となります。データバックアップとは、大切なデータを定期的に別の場所に保存することで、紛失や故障によるデータ損失を防ぐ方法です。例えば、外付けハードディスクやクラウドストレージなどにバックアップを取ることができます。データバックアップを実施することで、データの漏洩や紛失による被害を最小限に抑えることができます。また、バックアップによって、万が一の場合にもすぐに復旧することができます。テレワークを行う場合は、データバックアップの実施を検討し、セキュリティ対策をしっかりと行うことが重要です。 

関連ページ:クラウドでどこでも安全にデータの共有を実現

6.情報漏洩対策

テレワークをする場合、自宅やカフェなどの公共の場所で作業を行うことが多くなります。そのため、情報漏洩のリスクが高まります。情報漏洩を防止するためには、セキュリティ対策を徹底する必要があります。例えば、パスワードを定期的に変更し、複雑なパスワードにすることや、セキュリティソフトを導入することが挙げられます。また、情報を持ち出すことを禁止する、外部へのメール送信を制限する、社内ネットワークへの接続を制限するなどのルールを作ることも有効です。さらに、社員に対して情報漏洩のリスクについての教育や訓練を行うことも重要です。テレワークをする際には、情報漏洩対策をしっかりと考慮し、セキュリティ対策を徹底することが求められます。

テレワークに求められるセキュリティ対策とリテラシー

テレワークを行う上で、セキュリティ対策だけでなく、セキュリティリテラシーも求められます。セキュリティリテラシーとは、情報セキュリティに関する知識やスキル、意識を持ち、それを行動に移す能力のことです。例えば、不審なメールの添付ファイルを開かない、パスワードを定期的に変更する、パスワードを他人に教えない、社内ネットワークへの接続を制限するなどの行動がセキュリティリテラシーにあたります。これらの行動を徹底することで、情報漏洩やサイバー攻撃などのリスクを低減することができます。また、セキュリティリテラシーを高めるためには、社員に対して定期的な教育や訓練を行うことが重要です。テレワークをする上で、セキュリティ対策とセキュリティリテラシーの両方が必要となります。

弊社では、30年のITノウハウと最新の技術でテレワークの環境構築やセキュリティの見直しをサポートしています。まずはお気軽にお問い合わせください。