2023/04/04

大規模通信障害を起きたらどうすべき?
対策法方や事例を合わせて解説

大規模通信障害とは

大規模通信障害の定義と原因

大規模通信障害とは、広域に渡る通信インフラの一部や全体が突然、一時的または永続的に使用不能に陥る現象を指します。このような障害は、人々の日常生活やビジネスに深刻な影響を及ぼすことがあり、特に金融や医療分野など、重要なインフラに大きな損失をもたらす可能性があります。

大規模通信障害の原因には、様々なものがあります。例えば、自然災害やテロリストによる攻撃、サイバー攻撃や人為的ミス、システムの老朽化やメンテナンス不足などが挙げられます。また、増加する通信量やデータの複雑性が、通信障害を引き起こす要因になることもあります。

大規模通信障害は、いつ発生するか予測できないため、常に備えが必要です。適切な対策を講じ、事前の予防策を取ることが、被害の最小化につながるとされています。

過去に発生した大規模通信障害の事例

過去には、世界中で多くの大規模通信障害が発生しています。例えば、1990年代後半には、アメリカ東部でインターネットの障害が発生し、オンラインサービスやウェブサイトが使用不能になったことがあります。また、2008年には、アジア地域で海底ケーブルの切断による通信障害が発生し、インターネットや電話サービスが影響を受けました。

さらに、2011年には、日本で発生した東日本大震災により、通信インフラにも深刻な被害が発生しました。地震や津波による損壊や、停電によるサーバーの停止、通信回線の過負荷などが原因で、携帯電話やインターネットの利用が困難になる事態が生じました。

最近ですと、2023年4月に東日本で発生したNTTの大規模通信障害があります。早朝からお昼頃まで、ひかり回線での通信が停止してしまいした。4月の年度初めということで、弊社も含めて多くの企業に損害を与えました。

これらの事例から、大規模通信障害が発生すると、人々の日常生活やビジネスに深刻な影響を及ぼすことが分かります。適切な対策を講じ、予防策を取ることが、通信障害の被害を最小限に抑えるために必要不可欠であるとされています。

急な大規模通信障害に対する対策

ネットワークの冗長化とバックアップの重要性

ネットワークの冗長化とバックアップは、通信障害が発生した場合にシステムの復旧を迅速かつ正確に行うことができるため、重要な対策です。冗長化は、システム内にあらかじめ余分に機能や機器を備え、1つの機能や機器が故障した場合でも別の機能や機器で代替できるようにすることを意味します。これにより、システムの可用性や信頼性を向上させ、通信障害による被害を最小限に抑えることができます。

一方、バックアップは、重要なデータやシステム設定などを定期的に別の場所に保存することを指します。バックアップを行うことにより、システムに何らかの問題が発生した場合でも、重要なデータや設定を復元することができます。また、バックアップデータを使用して、新しいシステムを構築することも可能です。

ネットワークの冗長化とバックアップは、通信障害のリスクを最小限に抑えるために必要不可欠です。特に、金融や医療など、生命に関わる重要な分野では、通信障害による被害を最小限に抑えるために、高いレベルの冗長化とバックアップが求められます。

関連ページ:ネットワーク冗長化で通信障害に備える

システムの監視と障害対応の流れについて考えておく

システムの監視と障害対応は、通信障害が発生した場合に迅速な対応ができるようにするために、非常に重要です。システムの監視では、システムの稼働状況や通信状況を常に監視し、問題が発生した場合には早期に対応することが求められます。システム監視には、自動化された監視ツールやモニタリングソフトウェアなどを使用することが一般的です。

通信障害が発生した場合には、障害対応のプロセスが必要となります。障害対応のプロセスでは、通信障害の原因を特定し、解決するための手順を決定します。これには障害発生時の連絡先や情報共有の仕組み、緊急時の判断基準や優先順位などが含まれます。

通信障害に対するシステムの監視と障害対応のプロセスは、事前に設計されることが望ましいです。これにより、通信障害が発生した場合には、素早く正確な対応ができ、被害を最小限に抑えることができます。また、通信障害に対するシステムの監視と障害対応のプロセスは、定期的に評価される必要があります。これにより、システムの改善や問題点の修正が行われ、障害対応の品質が向上することが期待できます。

クラウドサービスの利用やデータのバックアップの推奨

通信障害に対する対策の一つとして、クラウドサービスの利用が推奨されています。クラウドサービスを利用することで、データをクラウド上に保管することができ、自社のデータセンターが被災した場合でも、クラウドからデータを復元することができます。また、クラウドサービスは冗長化が行われており、通信障害が発生した場合でも、複数のサーバーからアクセスできるため、高い可用性を確保することができます。

さらに、データのバックアップも通信障害に対する有効な対策の一つです。データを定期的にバックアップすることで、通信障害が発生した場合には、バックアップデータからデータを復元することができます。バックアップには、外部のストレージやテープドライブなどを使用することが一般的です。データのバックアップは、障害対応のプロセスと一緒に定期的に実施することが望ましいです。

クラウドサービスの利用やデータのバックアップは、通信障害に対する有効な対策です。これらの対策を取ることで、通信障害による影響を最小限に抑えることができ、ビジネスの継続性を確保することができます。 

関連ページ:クラウドでどこでも安全にデータの共有を実現

大規模通信障害を予防する方法

予防策の重要性とその効果

通信障害に対する予防策は、障害が発生した場合の復旧に比べ、はるかにコストや時間が少なく済みます。予防策を取ることで、通信障害が発生するリスクを低減し、ビジネスの継続性を確保することができます。

通信障害に対する予防策としては、ネットワークの冗長化やバックアップの実施、システムの監視と障害対応のプロセスの整備などが挙げられます。これらの予防策は、単独で行われる場合もありますが、複数の予防策を組み合わせて実施することで、より強固な対策が可能となります。

予防策の効果は、通信障害が発生しないことにより、ビジネスの継続性を確保することができる点にあります。通信障害によるサービス停止やデータの消失、顧客からの信頼喪失など、様々なリスクを抱えています。予防策を実施することで、これらのリスクを低減することができます。

総じて、通信障害に対して予防策を取ることは、ビジネスの継続性を確保する上で重要な要素です。予防策を実施することで、通信障害が発生するリスクを低減し、被害を最小限に抑えることができます。

セキュリティ対策や適切な更新作業の実施

通信障害が発生した場合、システムやネットワークに悪意のある攻撃が行われている可能性もあります。そのため、通信障害に対するセキュリティ対策が重要です。

セキュリティ対策としては、ファイアウォールの設置や不正アクセス対策、セキュリティソフトウェアの導入などが挙げられます。これらの対策は、通信障害だけでなく、セキュリティ上の問題にも対応することができます。

また、適切な更新作業も通信障害を予防する上で重要です。システムやネットワーク機器などを適切なタイミングで更新することで、脆弱性を修正することができます。特に、セキュリティ関連の更新作業は、定期的に実施することが必要です。

さらに、更新作業を実施する際には、事前に十分なテストを実施することも重要です。更新作業によってシステムが正常に動作しなくなると、通信障害を引き起こす原因となります。そのため、更新作業の前には、十分なテストを実施し、問題がないことを確認することが必要です。

総じて、通信障害に対してセキュリティ対策や適切な更新作業の実施は、通信障害を予防する上で重要な要素です。これらの対策を実施することで、ビジネスの継続性を確保し、顧客からの信頼を維持することができます。 

関連ページ:クラウド時代のセキュリティ“ゼロトラスト”構築

テストやトレーニングの重要性とそのメリット

通信障害が発生した場合、適切な対応ができるかどうかは、システムやネットワークを運用するスタッフの対応力にも大きく左右されます。そのため、通信障害に対するテストやトレーニングが重要です。

通信障害に対するテストやトレーニングでは、システムやネットワークの仕組みや対応方法を疑似的に再現することができます。これにより、実際に通信障害が発生した場合にも、迅速かつ正確に対応することができるようになります。

また、通信障害に対するテストやトレーニングには、以下のようなメリットがあります。

まず、対応時間の短縮が挙げられます。通信障害に対するテストやトレーニングを実施することで、スタッフはシステムやネットワークの対応方法を熟知することができます。そのため、通信障害が発生した際にもスムーズに対応することができ、対応時間を短縮することができます。

また、トラブルシューティング能力の向上も期待できます。通信障害に対するテストやトレーニングを実施することで、スタッフはシステムやネットワークのトラブルシューティング能力を向上させることができます。これにより、通信障害が発生した場合にも、より正確に原因を特定し、解決することができます。

さらに、対応プロセスの改善が可能です。通信障害に対するテストやトレーニングを実施することで、スタッフは対応プロセスの改善点を把握することができます。これにより、対応プロセスの改善や改善策の検討が可能となります。

総じて、通信障害に対するテストやトレーニングは、スタッフの対応力向上や対応時間の短縮、トラブルシューティング能力の向上、対応プロセスの改善など、多くのメリットがあります。

今後の通信インフラの発展に向けた展望

通信インフラの発展には、通信障害を想定した予防策が不可欠です。今後は、人工知能や機械学習などの技術を活用し、障害を自動検知・自動回復する仕組みが普及していくことが予想されます。また、5Gや6Gなどの高速通信技術の普及により、より高品質で安定した通信が可能になることで、通信障害への対策も強化されると期待されます。さらに、地震や自然災害などの災害に強い通信システムの開発や、環境に配慮した省エネルギー型の通信システムの開発が進められることで、今後の通信インフラはより高度化・安定化していくことが期待されるでしょう。

ビジネスで日常的に使うインターネット回線の重要性を再確認し、さまざまな事態を想定したネットワークの冗長化やバックアップの構築を行うことが今後の業務を安定化させます。
弊社ルートシステムでは 、ネットワークの冗長化を承っています。お気軽にお問い合わせください。