2023/04/07

家庭用ルーターが狙われている?
不正に乗っ取りも?

家庭用ルーターについて

BUFFALO製 家庭向け無線ルーター

家庭用ルーターとは、家庭内で複数の端末をインターネットに接続するための装置であり、無線LAN機能を備えたものが一般的です。ルーターには、モデムからのインターネット回線を受け取り、複数の端末で共有する機能があります。また、最近では、親子分離機能やWi-Fi6対応など、機能の充実や高速通信化が進んでいます。しかし、セキュリティ面での問題も指摘されており、適切な対策が必要とされています。

家庭用ルーターが普及している理由

家庭用ルーターが普及している理由として、インターネット利用が一般化したことや、複数の端末を家庭内で共有する需要が増えたことが挙げられます。インターネットが生活の一部となり、スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末を同時に使用することが一般的になったことで、複数の端末を接続する必要性が生じ、家庭用ルーターの需要が高まっています。また、無線LANが普及し、インターネット環境をスムーズに共有するためにも、ルーターが必要とされています。さらに、最近では、テレワークやオンライン学習など、家庭でのインターネット利用が増えたことも家庭用ルーターの普及に拍車をかけています。

家庭用ルーターの役割

家庭用ルーターの主な役割は、複数の端末をインターネットに接続することです。一般的に、モデムからのインターネット回線を受け取り、複数の端末で共有する機能があります。家庭内のパソコンやスマートフォン、タブレット、IoT機器など、様々なデバイスをネットワークに接続することができ、家族や同居人が同時にインターネットを利用することができます。また、最近では、Wi-Fi機能が標準装備されており、無線LANによるインターネット環境を構築することが容易になっています。家庭用ルーターは、家庭内でのインターネット環境を構築する上で、欠かせない装置となっています。

家庭用ルーターが狙われる理由

次に家庭用ルーターが狙われている理由についてご紹介します。

家庭用ルーターのセキュリティに対する認識の低さ

家庭用ルーターのセキュリティに対する認識の低さが問題視されています。一般的に、家庭用ルーターはセキュリティ機能を備えていますが、多くのユーザーがその存在に気付かず、設定を変更しないまま使用しているため、不正アクセスやウイルス感染などのリスクが高まっています。また、パスワードの設定が弱かったり、ファームウェアの更新を怠ったりすることで、ハッカーによるルーターの乗っ取りや情報漏洩などの攻撃を受ける可能性もあります。しかし、一般のユーザーは、ルーターのセキュリティについての情報が少なく、セキュリティ対策を行うことに対してあまり意識が高くないという現状があります。これらの問題を解決するためには、ユーザー自身がセキュリティ対策に関心を持ち、適切な設定や管理を行うことが重要です。

家庭用ルーターの脆弱性の存在

ルーターには脆弱性が存在することがあります。これは、ルーターのファームウェアやソフトウェアにセキュリティ上の問題がある場合や、設定が不適切である場合に発生することが多いです。脆弱性を突かれることにより、ルーター自体が乗っ取られたり、不正な通信が行われたりすることがあります。また、ルーターを介して接続された端末にも影響が及ぶことがあるため、重大な被害をもたらす可能性があります。最近では、多くのルーターが脆弱性に関する問題を抱えており、定期的なファームウェアの更新やセキュリティ設定の見直しが必要不可欠です。しかし、多くのユーザーがルーターのセキュリティ対策に無関心であるため、悪意のある第三者による攻撃を受けるリスクが高まっています。ルーターのセキュリティ対策は、個人情報やプライバシーを守る上で非常に重要な課題であるため、ユーザー自身が積極的に対策を行う必要があります。

レガシーシステムの存在

家庭用ルーターが狙われる理由の一つに、レガシーシステムの存在が挙げられます。古くなったルーターのファームウェアやソフトウェアは、最新のセキュリティ対策が取り入れられていないため、悪意のある第三者にとっては攻撃しやすい対象となっています。また、レガシーシステムは、最新の技術との連携が難しい場合があり、アップグレードが困難になることがあります。そのため、一度攻撃されてしまうと、そのルーター自体が乗っ取られてしまうことがあります。更に、ルーターを介して接続された端末にも影響が及ぶことがあります。したがって、レガシーシステムを使用している場合は、セキュリティ診断やアップグレードを定期的に行うことが重要です。これによって、ルーター自体や接続された端末のセキュリティを強化し、悪意のある攻撃から守ることができます。

家庭用ルーターを狙う攻撃手法

家庭用ルーターを狙う攻撃手法には、様々なものがあります。一つの攻撃手法として、デフォルトのパスワードを狙った「ブルートフォース攻撃」が挙げられます。これは、ルーターの管理画面にアクセスするためのパスワードを、総当たりで推測する攻撃です。また、ルーターのファームウェアに存在する脆弱性を狙った「エクスプロイト攻撃」もあります。この攻撃手法では、ルーターのファームウェアに存在する脆弱性を悪用し、管理者権限を奪取したり、ルーターを乗っ取ったりすることができます。更に、ルーターに直接攻撃するのではなく、ユーザーが利用するWebサイトに「フィッシング」サイトを用意して、ルーターの管理画面にアクセスするための情報を盗む手法も存在します。これらの攻撃手法を防ぐためには、ルーターのファームウェアを最新のものに更新することや、強固なパスワードの使用などが必要です。

家庭用ルーターが不正に「乗っ取られる」とは?

家庭用ルーターが「乗っ取られる」を具体的にご説明します。

家庭用ルーターの乗っ取りとは何か?

家庭用ルーターの乗っ取りとは、悪意のある第三者によってルーターの管理者権限を不正に奪取され、ルーターが不正に操作される状態のことを指します。乗っ取られたルーターは、ユーザーが意図しないWebサイトへのリダイレクト、不正なポートの開放、スパムメールの送信、個人情報の盗難などの問題を引き起こす可能性があります。乗っ取りは、ルーターのファームウェアやソフトウェアの脆弱性を悪用した攻撃や、デフォルトのパスワードを推測する「ブルートフォース攻撃」などによって行われます。ルーターの乗っ取りが発覚した場合は、ルーターのファームウェアを最新のものにアップグレードしたり、強固なパスワードを設定したりすることで、再度攻撃を防止することができます。しかし、一度乗っ取られたルーターは、再び安全に使用するためには、ファームウェアを再インストールするなどの作業が必要となる場合があります。

乗っ取られた家庭用ルーターの影響

乗っ取られた家庭用ルーターは、多くの問題を引き起こす可能性があります。最も一般的な問題の1つは、不正なWebサイトへのリダイレクトです。これにより、ユーザーが意図しないサイトにアクセスすることがあり、悪意のあるソフトウェアをダウンロードするなどの危険があります。また、乗っ取りされたルーターは、不正なポートを開放して攻撃者が外部からアクセスできるようにすることができます。これにより、ユーザーの個人情報や機密情報が漏洩する可能性があります。乗っ取られたルーターは、スパムメールの送信元にされたり、DDoS攻撃の発信元になったりすることもあります。このような攻撃により、他のネットワークユーザーに迷惑がかかるだけでなく、被害者自身のネットワークにも影響が及ぶことがあります。乗っ取りは、ユーザーに気付かれずに行われることが多いため、定期的なセキュリティチェックが重要です。

家庭用ルーターが不正に「乗っ取られる」危険性

次に、家庭用ルーターが「乗っ取られる」危険性についてご説明します。

個人情報やプライバシーが漏えいするリスク

インターネット上での情報のやり取りが増える現代において、個人情報やプライバシーが漏えいするリスクは高まっています。特に、乗っ取られた家庭用ルーターによる個人情報の漏えいは深刻な問題となっています。攻撃者が乗っ取ったルーターは、不正なポートを開放することで外部からのアクセスを許可することができ、ユーザーの個人情報を盗み出すことができます。また、乗っ取ったルーターを使用して偽のWebサイトを作成し、ユーザーが個人情報を入力するように誘導することもあります。これらの手法によって、ユーザーのクレジットカード情報、メールアドレス、住所など、重要な個人情報が漏洩する可能性があります。そのため、自宅のネットワーク環境には、適切なセキュリティ対策を講じることが必要不可欠です。

家庭用ルーターを利用した攻撃のリスク

家庭用ルーターを利用した攻撃は、その多くが外部からの攻撃に比べて検知が遅れやすく、被害が大きくなる可能性があります。攻撃者は、不正アクセスやDDoS攻撃など、家庭用ルーターを悪用した攻撃を行うことができます。特に、大規模なDDoS攻撃に利用される「ボットネット」は、乗っ取られたルーターを組み合わせて作られることがあります。このような攻撃によって、ネットワークの帯域幅が飽和し、正常な通信が行えなくなる場合があります。また、不正アクセスによって、家庭内のネットワークに接続されたデバイスから機密情報が盗み出される可能性もあります。そのため、家庭用ルーターのセキュリティ対策を適切に行い、攻撃に備えることが大切です。

家庭用ルーターのセキュリティ対策

次に、家庭用ルーターのセキュリティ対策についてご説明します。

ファームウェアのアップデート

ファームウェアは、ルーターの中核となるソフトウェアであり、セキュリティ上の問題を解消したり、新しい機能を追加するために定期的にアップデートが行われます。家庭用ルーターの場合、メーカーからアップデートの通知が送信される場合がありますが、通知がなくても定期的にファームウェアを更新することが重要です。ファームウェアの更新により、セキュリティ上の欠陥が修正されるため、悪意のある攻撃から身を守ることができます。また、ファームウェアアップデートによって、新しい機能やパフォーマンスの向上も期待できます。アップデートを行う前には、必ずメーカーの公式サイトから最新のファームウェアをダウンロードし、アップデート手順を確認するようにしましょう。

パスワードの変更

家庭用ルーターのセキュリティを向上させるために、パスワードの変更は非常に重要です。多くの場合、ルーターの初期設定では、デフォルトのユーザー名とパスワードが設定されています。これらのデフォルトのパスワードは、攻撃者にとって簡単に予測可能なものであり、簡単にクラックされる可能性があるため、変更することが強く推奨されます。変更するパスワードは、十分に複雑で予測しにくいものにすることが重要であり、定期的に変更することもおすすめです。また、ルーターのパスワードと同じものを他のアカウントで使用しないようにすることも重要です。

ゲストネットワークの活用

ゲストネットワークは、家庭用ルーターのセキュリティを向上させるために有用な機能の1つです。ゲストネットワークは、家庭内のネットワークとは別のWi-Fiネットワークを作成し、家庭内のネットワークに接続されたデバイスとは完全に分離されています。これにより、訪問者が自分のデバイスを接続してインターネットを利用することができ、家庭内のネットワークにアクセスすることができなくなります。これにより、不正なアクセスや攻撃から家庭内のデバイスを保護することができます。ゲストネットワークは、ルーターの設定で簡単に設定でき、訪問者が自由にインターネットを利用できるようにするだけで、家庭用ルーターのセキュリティを大幅に向上させることができます。

家庭用ルーターのセキュリティに対する重要性

家庭用ルーターのセキュリティは非常に重要です。ルーターは、家庭内の全てのデバイスにインターネット接続を提供するための中継器であり、インターネット上の攻撃から家庭内のデバイスを保護するための最初の防衛線でもあります。しかし、多くの人々がルーターのセキュリティに関心を持っていないため、多くのルーターは簡単に攻撃を受けることがあります。ルーターの乗っ取りによって、個人情報やプライバシーが漏えいする可能性があるだけでなく、他のデバイスへの不正アクセスや、不正なネットワークトラフィックの送信、そして、DDoS攻撃などの被害も考えられます。したがって、家庭用ルーターのセキュリティは、個人情報やプライバシーを保護し、インターネット上の攻撃から自分自身と他の人々を守るために、非常に重要な問題となっています。

会社は「法人向けモデル」を導入すべき

多くの企業は、従業員が自宅で業務を行うことが増えているため、家庭用ルーターが企業データにアクセスするための唯一の中継点になっています。しかし、家庭用ルーターはセキュリティに問題がある場合があり、企業データの漏洩リスクを高める可能性があります。そのため、企業は「法人向けモデル」のルーターを導入することを検討すべきです。法人向けモデルは、セキュリティ機能や管理機能が充実しており、専門の技術者が定期的に保守やアップデートを行うことでセキュリティの強化が期待できます。また、法人向けモデルは高い信頼性を持ち、高速な通信を行うことができるため、業務の効率化にもつながります。したがって、企業が自宅勤務を導入する場合は、セキュリティ面で安全性が高く、信頼性が高い法人向けモデルのルーターを導入することが重要です。 

「家庭用」は会社で使うべきではない…

「家庭用」のルーターは、家庭で使用するために設計されたものであり、セキュリティにおいては、法人向けのルーターと比べると劣っている可能性があります。そのため、会社で使用する場合は、セキュリティを向上させるための対策が必要です。例えば、ファームウェアのアップデートやパスワードの変更、ゲストネットワークの活用などの対策を講じることが必要ですが、それでもセキュリティのリスクを完全に排除することはできません。会社が取り扱う機密情報などのセキュリティが高度に求められる場合には、法人向けのセキュリティ機能を備えたルーターを導入することが望ましいでしょう。また、社員に対して適切なセキュリティ教育を行い、ルーターを正しく使用することの重要性を認識させることも必要です。

弊社ルートシステムでは、30年で蓄積したノウハウと最新の技術で会社のネットワーク見直しや、法人ルーターの導入をさせていただいております。まずは、お気軽にお問い合わせください。