セキュリティスイッチとは?
UTMとの違いと効果的な選び方

2024/01/10
2024/01/09

セキュリティスイッチとは?

パイオリンク TiFRONT

セキュリティスイッチとは、ネットワーク内部の脅威を自動で検知・遮断する製品のことです。従来のセキュリティソフトとは異なり、ネットワーク全体を保護する役割を持ちます。セキュリティスイッチは、通信速度を落とすことなくマルウェアの拡散やDDoS攻撃を防御することができます。

セキュリティスイッチの概要

セキュリティスイッチは、LAN内の有害トラフィック攻撃や通信盗聴、ループの検知と遮断などの機能を持っています。特に近年のサプライチェーン攻撃の増加により、中堅・中小企業でもセキュリティ強化が求められています。

セキュリティスイッチを導入することで、ウイルスの侵入を許しても怪しい動きを検知して通信の遮断が行われ、他のパソコンへの二次感染を最小限に抑えることができます。

セキュリティスイッチの主な機能

セキュリティスイッチは、LAN内の有害トラフィック攻撃の検知と遮断、通信盗聴の防止、ループの検知と遮断、ファイル経由やUSB経由、公衆Wi-Fi利用時のウイルスやマルウェア感染防止など、さまざまな機能を備えています。

これらの機能を活用することで、ネットワーク内の脅威をリアルタイムで検知・遮断し、ネットワークの安全性を確保することができます。

セキュリティスイッチの活用方法とその効果

セキュリティスイッチは、マルウェア対策だけでなく、悪意を持った行為やウイルスの拡散を防止するためにも活用されます。例えば、ネットワーク内での二次感染や標的型攻撃などに対応するために必要です。

また、テレワークの増加により、外部ネットワーク経由での感染リスクが高まっているため、セキュリティスイッチを導入することで、外部ネットワークからのウイルスやマルウェアの持ち込みを阻止することができます。これにより、ネットワーク内部の安全性が向上し、セキュリティレベルの向上が見込めます。

UTMとは?

UTMとは、様々なセキュリティ機能を1台の装置に統合したセキュリティソリューションのことです。クライアント側やサーバ側の脆弱性にエンドポイント対策を行うアンチウイルスソフトだけでは不十分なため、社内ネットワークへのマルウェア侵入や情報漏洩を防ぐための出入口対策も必要となっています。

UTMは、ファイアウォールや不正侵入検知と防止、スパムメールの防止、フィッシングや有害サイトのフィルタリングなど、インターネット経由の脅威から企業のネットワークを保護するための機能を備えています。これらの機能は1つの装置で統合されており、管理が容易で効果的なセキュリティ対策が実現できます。

UTMの活用方法としては、企業のネットワークにUTMを導入し、社内の情報セキュリティを強化することが挙げられます。UTMはインターネット経由のウイルスやマルウェアの侵入を防止したり、不正侵入や情報漏洩を防いだりするために非常に効果的です。また、フィルタリング機能により有害サイトやフィッシング詐欺からの保護も行えます。

UTMの導入により、セキュリティ対策を一元管理し、セキュリティレベルを向上させることができます。一般的にUTMには運用が容易でセキュリティ機能が統合されているため、導入が推奨されています。

関連ページ:UTMはもう古い?ちゃんと守れてるの?さらにセキュリティを強化する方法を紹介

UTMの概要

UTMは、企業のネットワークを多様な脅威から守るために利用されています。インターネット経由のウイルスやマルウェアの侵入対策、スパムメールの防止、フィッシングや有害サイトのフィルタリング、ファイアウォール、不正侵入検知と防止などの機能を持っています。

UTMは、1つの装置でこれらの機能を統合することで、効果的なセキュリティ対策を実現しています。UTMを導入することで、企業はインターネット経由の脅威に対してセキュリティを強化することができます。

UTMは、運用が容易で管理が一元化されているため、セキュリティ対策の効率を高めることができます。また、UTMの多機能性により、複数の機器を導入する必要がなくなり、コスト削減にも貢献します。

UTMの導入により、企業はセキュリティレベルを向上させ、ネットワークを多様な脅威から守ることができます。

UTMの主な機能

UTMには、様々なセキュリティ機能が統合されています。主な機能には以下のようなものがあります。

  • インターネット経由のウイルスやマルウェアの侵入対策
  • スパムメールの防止
  • フィッシングや有害サイトのフィルタリング
  • ファイアウォール
  • 不正侵入検知と防止

これらの機能をUTMが1つの装置で統合しているため、セキュリティ対策を効果的に行うことができます。

セキュリティスイッチとUTMの違い

機能面での違い

セキュリティスイッチは、LAN内の有害トラフィック攻撃や通信盗聴、ファイル経由やUSB経由、公衆Wi-Fi利用時のウイルスやマルウェア感染の防止などに特化した機能を持っています。ネットワーク内部の脅威を自動で検知・遮断することで、通信速度を落とすことなくマルウェアの拡散やDDoS攻撃を防御します。

一方、UTMは、インターネット経由のウイルスやマルウェアの侵入対策だけでなく、スパムメールの防止やフィッシングや有害サイトのフィルタリング、ファイアウォール、不正侵入検知と防止など、より広範なセキュリティ機能を備えています。

適用範囲や運用面での違い

セキュリティスイッチは、ネットワーク内部の脅威に特化しているため、主に企業内部のセキュリティ対策を強化するために利用されます。ネットワーク内の特定部分を監視し、脅威を検知・遮断します。一方、UTMは、ネットワークの出入口となる場所に設置され、インターネット経由の侵入や情報漏洩を防止する役割を果たします。

また、セキュリティスイッチは、専門的な知識が必要であり、運用や管理には注意が必要です。一方、UTMは、より包括的なセキュリティ機能を持っているため、導入や運用が比較的容易で、管理コストも抑えられます。運用面では、セキュリティスイッチはネットワーク内の不正な通信をブロックし、業務を止めることなくウイルスの二次感染を防止する効果があります。

以上がセキュリティスイッチとUTMの違いについての概要です。企業のセキュリティ対策のニーズや状況に応じて、どちらの機器を選択するかを検討する必要があります。

セキュリティスイッチとUTMの効果的な選択方法

企業のセキュリティパラメータに基づく選択

企業の業種や規模、セキュリティ要件、予算などによってセキュリティスイッチとUTMの選択基準は異なります。たとえば、セキュリティスイッチの導入を検討している場合は、ウイルスやマルウェアの拡散防止、二次感染防止、通信盗聴の防止などのニーズを考慮する必要があります。一方、UTMの導入を検討している場合は、インターネット経由の脅威や不正侵入対策、スパムメールの防止などの機能要件を考慮する必要があります。

また、セキュリティ対策の重要性やセキュリティ予算の大きさに応じて、セキュリティスイッチとUTMの組み合わせを選択することもあります。セキュリティスイッチを主力とし、必要に応じてUTMを追加することでセキュリティレベルを向上させることができます。

コストや管理面を考慮した選択

セキュリティスイッチとUTMの選択に当たっては、コストや管理面も考慮する必要があります。

セキュリティスイッチは、ネットワーク内の特定部分を監視し、脅威を検知・遮断する機能を持っています。そのため、ネットワーク内の通信速度を落とすことなく、マルウェアの拡散やDDoS攻撃などからネットワークを保護することができます。一方、UTMは多機能なセキュリティ機器であり、インターネット経由の脅威対策や不正侵入対策、スパムメールなどの防止など、幅広いセキュリティ機能を持っています。

コスト面では、セキュリティスイッチの導入コストが比較的低く抑えられる一方で、UTMは機能の幅広さや導入規模によってコストが変動します。また、管理面では、セキュリティスイッチの導入や運用にはネットワークの知識を持ったスキルが必要ですが、UTMは統合された管理画面を通じて簡単な設定や管理が可能なため、業務効率化や運用コストの削減などのメリットがあります。

以上のように、企業のセキュリティパラメータやコスト、管理面などを総合的に考慮して、セキュリティスイッチとUTMの選択を行うことが効果的な方法です。専門家のアドバイスや評価を参考にしつつ、最適なセキュリティ対策を実施しましょう。