2023/04/20

PCの法人向けと個人向けは違う?
比較をわかりやすく解説

はじめに、法人向けPCと個人向けPCについて

まずは、法人向けPCと個人向けPCの概要について簡単にご紹介します。

法人向けPCとは?

HP 法人向けノートPC

「法人向けPC」とは、法人や企業がビジネスに必要な業務用のパソコンとして導入することを目的としたパソコンのことを指します。個人が自宅で使用するためのパソコンとは異なり、ビジネス用途に特化した設計や機能を備えていることが特徴です。法人向けPCは、ビジネスに必要なセキュリティや管理性、耐久性、信頼性などが強化されており、法人のニーズに合わせてカスタマイズが可能な場合があります。ビジネスを効率的に行うための環境整備として、法人向けPCの導入が求められることがあります。

個人向けPCとは?

HP 個人向けノートPC

「個人向けPC」とは、個人が自宅やオフィスなどで日常的に使用するためのパーソナルコンピュータのことを指します。一般的には、プライベートでのウェブ閲覧、メールの送受信、写真・動画の編集、文書作成、ゲームプレイなどの目的で使用されます。個人向けPCは、ビジネス向けPCと比較して、よりカジュアルでデザイン性に優れ、低価格で入手できることが一般的です。

どこまでが個人向けでどこからが法人向け?

個人向けPCと法人向けPCの区分けは明確に定義されているわけではありませんが、性能面においては、一般的に法人向けPCは高性能で、大量のデータ処理や複雑な業務に対応できるよう設計されています。また、セキュリティや管理性などの機能面も重視されており、ビジネスに必要な機能が搭載されていることが多いです。

一方、個人向けPCは、一般的に低価格で手軽に入手でき、性能もビジネス向けPCより低めに設定されていることが多いです。デザイン性やポータビリティにも重点が置かれ、趣味や娯楽などの利用に適しているように設計されています。

そのため、目的やニーズに応じて適切なモデルを選ぶ必要があります。具体的には、大量のデータ処理や複雑な業務を行う場合や、セキュリティに重きを置く場合には法人向けPCを選ぶことが適しています。

法人向けPCと個人向けPCの比較表

法人向けPC個人向けPC
設計ビジネス用途に特化カジュアルでデザイン性に優れた設計
価格高め低め
機能高性能低め
性能セキュリティや管理性などビジネス向け機能が充実趣味や娯楽などの利用に適した機能が充実
カスタマイズ性ビジネスニーズに合わせたカスタマイズが可能個人のニーズに合わせたカスタマイズが可能
対象ユーザー法人や企業のスタッフ個人や家庭ユーザー
推奨用途ビジネスや業務に必要な処理や管理、セキュリティが必要な場合趣味や娯楽、一般的なオフィスワークなど
耐久性高い低い
法人向けPCと個人向けPC 比較表

性能面の違い

プロセッサー(CPU)の違い

一般的に、法人向けPCには高性能なプロセッサーが搭載される傾向があります。これは、ビジネス用途において高速な処理が求められるためです。一方、個人向けPCでは、性能よりもコストや省スペース性などの要素が重視され、性能の高いプロセッサーが必要な場合には値段が上がることが多いです。

また、法人向けPCでは、プロセッサーに加えてセキュリティ機能や管理性なども重要視されます。そのため、IntelやAMDなどの主要なメーカーからは、法人向けPC向けに特別に開発されたプロセッサーも提供されています。これらのプロセッサーは、セキュリティや管理性に優れた機能が充実しており、企業などのビジネス環境に最適な製品となっています。

一方、個人向けPCにおいては、プロセッサーの選択肢が広く、コストパフォーマンスの高いものから高性能なものまで、幅広く取り揃えられています。特に、ゲームや映像編集などのように、高度な処理能力が必要な場合には、高性能なプロセッサーが必要になります。このような場合には、法人向けPCのように専用のプロセッサーが提供されているわけではありませんが、市販されている高性能なプロセッサーを搭載したPCを選択することができます。

メモリの違い

法人向けPCと個人向けPCのメモリには、容量や速度などの違いがあります。一般的に、法人向けPCには高性能なメモリが搭載される傾向があります。これは、ビジネス用途において大量のデータを扱ったり、高度な処理を行うことが多いためです。

法人向けPCでは、大容量のメモリが必要になることが多いため、16GB以上のメモリを搭載した製品が一般的です。また、高速なメモリが必要になる場合には、DDR4やDDR5といった最新の規格が使われることが多いです。これにより、高速なデータ処理が可能になります。

一方、個人向けPCでは、法人向けPCと比べてメモリ容量や速度はやや低めであることが多いです。一般的に、8GB前後のメモリを搭載した製品が多いですが、ゲームや映像編集などのように、高度な処理を行う場合には16GB以上のメモリが必要になることもあります。また、法人向けPCと同様に、最新のDDR4やDDR5メモリが使われることもあります。

ただし、個人向けPCにおいても、メモリの増設や交換が比較的容易に行える場合があるため、必要に応じてメモリ容量や速度をアップグレードすることができます。

ストレージの違い

法人向けPCと個人向けPCのストレージには、容量や種類などの違いがあります。一般的に、法人向けPCには大容量のストレージが搭載される傾向があります。これは、ビジネス用途において大量のデータを扱ったり、セキュリティやバックアップなどを考慮する必要があるためです。

法人向けPCでは、HDD(ハードディスクドライブ)やSSD(ソリッドステートドライブ)といった高容量のストレージが搭載されることが一般的です。また、ビジネス用途に適したRAID(Redundant Array of Independent Disks)構成が採用されることもあります。これにより、高速かつ安全なデータ処理が可能になります。

一方、個人向けPCでは、法人向けPCと比べてストレージ容量はやや少なめであることが多いです。一般的に、256GBから512GB程度のSSDが搭載された製品が多く、HDD搭載の低価格帯製品もあります。また、ストレージの速度を重視する場合には、NVMe(Non-Volatile Memory Express)といった高速なSSDが使われることがあります。

ただし、個人向けPCにおいても、外付けハードディスクやクラウドストレージを利用することで、必要に応じてストレージ容量を増やすことができます。また、一部の製品には、ストレージの交換や増設が比較的容易に行えるものもあります。

グラフィックスの違い

法人向けPCと個人向けPCのグラフィックスには、用途や要求に応じた違いがあります。一般的に、法人向けPCはビジネス用途に特化しており、グラフィックス性能よりも安定性やセキュリティが重視されます。

法人向けPCに搭載されるグラフィックスカードは、ビジネス用途に最適化されています。例えば、CADや3Dプログラム、映像編集ソフトなど、ビジネス用途に必要なグラフィックス性能を備えた専用グラフィックスカードが採用されることがあります。また、法人向けPCには、ビジネス用途に適したドライバーソフトウェアやセキュリティ機能が搭載されていることが一般的です。

一方、個人向けPCでは、ゲームやグラフィックス処理に特化したグラフィックスカードがよく採用されます。これは、個人ユーザーがエンターテインメントやクリエイティブ作業に使用することが多いためです。個人向けPCには、ビジュアルやエフェクトの処理を高速化するための専用グラフィックスカードが採用されることがあります。また、ゲーマー向けのPCでは、高いリフレッシュレートや解像度をサポートするグラフィックスカードが使われることもあります。

ただし、法人向けPCでも、グラフィックス性能が必要な業務においては、専用のグラフィックスカードを搭載した製品もあります。また、個人向けPCでも、ビジネス用途に適したグラフィックスカードを搭載した製品が存在することも覚えておくべきです。

耐久性と信頼性の違い

耐久性の違い

法人向けPCと個人向けPCの耐久性には、以下のような違いがあります。

まず、法人向けPCは耐久性が非常に高いことが求められます。長時間の使用や過酷な環境下でも安定して動作し、故障やトラブルが少ないことが必要です。そのため、法人向けPCは堅牢な筐体やキーボード、衝撃に強いハードディスクなど、耐久性に優れた部品が使用されることが一般的です。また、法人向けPCは厳しい品質管理を経て製造されることが多く、製品の信頼性や耐久性を確保するためのテストや検査が行われます。

一方、個人向けPCは法人向けPCに比べて、耐久性に関する要求が少ない傾向があります。一般的に、個人向けPCは家庭やオフィスなどの一般的な環境下で使用されるため、法人向けPCに比べて堅牢性や耐久性に対する要求が低く、コストを抑えるために部品の品質がやや劣ることがあります。ただし、最近では、個人向けPCでも耐久性が高い製品が増えており、過酷な環境下でも安定して動作する製品が選択肢として増えてきています。

信頼性の違い

法人向けPCと個人向けPCの信頼性には、以下のような違いがあります。

法人向けPCは、業務で使用するためのツールとして、高い信頼性が求められます。業務で重要なデータや情報を扱う場合には、データの損失や漏洩などは致命的な問題となります。そのため、法人向けPCは耐久性だけでなく、セキュリティや信頼性にも重点が置かれ、高度なセキュリティ機能や信頼性の高い部品が採用されることが一般的です。

一方、個人向けPCは、一般的に業務での使用よりも、プライベートな用途で使用されることが多いため、信頼性に対する要求は法人向けPCに比べて低くなる傾向があります。ただし、個人向けPCでも、最近ではセキュリティ対策やバックアップ機能などが強化され、より高い信頼性が求められるシーンに対応するための製品が増えてきています。

サポート体制の違い

法人向けPCと個人向けPCのサポート体制には、以下のような違いがあります。

法人向けPCは、業務で使用されることが多いため、トラブルが発生した場合にはすぐに対処することが求められます。そのため、法人向けPCでは、メーカーが迅速かつ専門的なサポート体制を整えています。法人向けPCは保守契約を結ぶことで、専任のサポートスタッフがトラブル解決やメンテナンスを行うことができます。また、法人向けPCは、部品の交換や修理にも迅速に対応するため、業務に支障が出ることがないようになっています。

一方、個人向けPCでは、法人向けPCほどの専門的なサポート体制は整備されていません。一般的に、メーカーの無料サポート期間は短く、保守契約による専任のサポートスタッフも少ないため、トラブルが発生した場合には、メーカーのWebサイトや電話サポートを利用することが多くなります。ただし、最近では、一部のメーカーが、個人向けPCでも専門的なサポート体制を提供している場合もあります。

セキュリティの違い

セキュリティ機能の違い

法人向けPCと個人向けPCのセキュリティ機能には、以下のような違いがあります。

法人向けPCは、業務で使用されることが多いため、セキュリティ面での強化が求められます。そのため、法人向けPCには、標準でセキュリティソフトが導入されており、より高度なセキュリティ機能が提供されています。例えば、データの暗号化やファイル共有の制限、ハードウェアによる認証機能などがあります。また、法人向けPCは、セキュリティの脅威に対する定期的なアップデートが行われるため、常に最新のセキュリティ状況に対応できます。

一方、個人向けPCのセキュリティ機能は、法人向けPCに比べて限定的です。一般的に、個人向けPCにはセキュリティソフトが標準で導入されていますが、無料版や試用版が多く、より高度なセキュリティ機能は有料版に限定される場合があります。また、個人向けPCでは、セキュリティソフトのアップデートはユーザー自身で行う必要があるため、更新が遅れたり、最新の脅威に対応できない場合があります。

ネットワークセキュリティの違い

法人向けPCは、企業内のネットワーク環境に接続されることが多く、ネットワークセキュリティの強化が求められます。そのため、法人向けPCは、より高度なネットワークセキュリティ機能が提供されています。例えば、VPN接続やファイアウォール、ネットワーク監視機能などがあります。また、法人向けPCは、セキュリティポリシーに従ったネットワーク接続が強制されるため、不正なアクセスや情報漏えいのリスクを低減することができます。

一方、個人向けPCのネットワークセキュリティ機能は、法人向けPCに比べて限定的です。一般的に、個人向けPCは、インターネットに接続されることが多いため、インターネットセキュリティソフトが標準で導入されています。ただし、ネットワーク接続においてセキュリティの強制がされるわけではないため、ユーザー自身がセキュリティ対策を行う必要があります。例えば、不正なウイルスやスパイウェアの侵入を防ぐためのファイアウォールや、定期的なアップデート、不審なアプリケーションの実行を検知するネットワーク監視機能などを導入することが重要です。

データ保護の違い

法人向けPCと個人向けPCのデータ保護の違いは、法人向けPCがより高度なセキュリティ機能を備えている点にあります。法人向けPCでは、セキュリティソフトウェアやディスク暗号化などのセキュリティ対策が標準で搭載されており、外部からの攻撃や内部からの情報漏洩に対する防御が強化されています。また、法人向けPCではセキュリティポリシーが厳格に設定され、社員のデータ管理やアクセス権限に関するルールが整備されているため、社内のデータ漏洩や不正アクセスを防止することができます。一方、個人向けPCでは、これらのセキュリティ対策が十分に実施されていない場合がありますので、個人情報や重要データの保護には注意が必要です。

デザインやポートの違い

デザインの違い

法人向けPCと個人向けPCのデザインの違いは、一般的に法人向けPCはシンプルで堅牢なデザインが採用されているのに対し、個人向けPCは様々なカラーやデザインが用意されています。

法人向けPCは、ビジネス用途であるために堅牢性やシンプルなデザインが重視されます。そのため、一般的には黒やシルバーなどの落ち着いたカラーが使われ、耐久性に優れた素材が採用されることが多いです。また、セキュリティロックや指紋認証などの安全機能が付いていることも多いです。

一方、個人向けPCは、多様な用途に合わせたデザインやカラーが用意されています。例えば、明るいカラーやグラフィックが印象的なもの、タッチスクリーンを備えたもの、スリムなデザインが特徴のものなど、さまざまな種類があります。また、個人向けPCはエンターテイメントや趣味など、ライフスタイルに合わせた機能が強化されている場合があります。

つまり、法人向けPCは堅牢性やシンプルなデザイン、セキュリティ機能に重点が置かれているのに対し、個人向けPCは多様な用途やスタイルに合わせたデザインが用意されています。

ポート数の違い

法人向けPCと個人向けPCのポート数には一般的に違いがあります。法人向けPCは、多くの場合、デスクトップPCに標準でシリアルポート、並列ポート、PS/2ポート、および複数のUSBポートを備えています。一方、個人向けPCは、USBポートが主に搭載され、その他のポートは一般的に搭載されていません。ただし、最近の個人向けPCでは、HDMIポート、サウンドポート、およびUSB-Cポートなど、より多様なポートが搭載されることが増えています。

コストの違い

価格の違い

法人向けPCと個人向けPCの価格には、一般的に明確な違いがあります。法人向けPCは、個人向けPCに比べて高価で、性能やセキュリティ機能、耐久性、サポート体制など、様々な面で優れた機能を備えています。一方、個人向けPCは、一般消費者を対象としており、低価格で入手することができます。ただし、個人向けPCでも高性能な製品はあり、高価な法人向けPCよりも性能面で優れることがあります。しかし、一般的に法人向けPCは、ビジネス向けの要件を満たす高品質な製品として知られています。

耐用年数の違い

法人向けPCと個人向けPCの耐用年数には違いがあります。法人向けPCはより頑丈で、より長期間使用できるように設計されています。これは、企業が大量にPCを購入することが一般的であり、短期間に交換が必要な場合にコストがかかるためです。法人向けPCは一般的に、5年が機器の寿命とされています。

一方、個人向けPCは、より手頃な価格で販売され、より軽量で移動に適した設計になっていることが多いため、耐用年数が短い場合があります。ただし、個人向けPCの場合でも、高品質のモデルを選ぶことで耐用年数を延ばすことができます。一般的に個人向けPCは、3年が機器の寿命とされています。

法人向けPCが高い理由

上記で紹介したことが「法人向けPCが高い理由」になるのですが、そのほかに、代理店や専門の業者に導入から設定、運用するうえでの継続的なサポートを依頼することで「PC本体の費用+メーカー保守費+設定費+サポート保守費」が発生します。弊社も専門の業者に属する業態ですが、お客様の中には「PC1台でこんなにする?」という方も中にはいますが。その理由が「PC本体の費用+メーカー保守費+設定費+サポート保守費」なのです。もし、本体だけ購入して自分で全て設定、トラブル解決できるという方なら本体代金のみで済みますが、通常の業務と並行して行うことは困難となります。運用上のコストなどのバランスを考えて導入することをおすすめします。

おすすめの法人PC

弊社がお客様によく導入している信頼性の高いPCをご紹介します。

HP ProDeskシリーズ

HP ProDeskシリーズは、Hewlett-Packard社が製造するデスクトップパソコンの一シリーズです。このシリーズは、主に法人向けに設計されており、高い性能と堅牢性、セキュリティ機能を備えています。HP ProDeskシリーズには、様々なモデルがあり、ユーザーのニーズに合わせて選ぶことができます。また、拡張性にも優れており、必要に応じてメモリーやストレージなどのアップグレードが可能です。

関連ページ:デスクトップPC

HP ProBookシリーズ

HP ProBookシリーズは、法人向けに設計されたノートパソコンのシリーズです。高い信頼性、セキュリティ機能、パフォーマンスを提供し、ビジネスユーザーにとって重要な機能を備えています。ProBookシリーズは、14インチ、15.6インチ、17.3インチのディスプレイサイズを備えており、様々な用途に対応できるようになっています。ProBookシリーズには、第11世代インテルCoreプロセッサーを搭載した最新モデルもあります。また、モバイルワーカー向けに軽量で堅牢なモデルや、高いセキュリティ機能を備えたモデルなど、ビジネスニーズに合わせた様々なモデルがあります。

関連ページ:ノートPC

会社のPCは法人向け一択です!

いかがでしたでしょうか?あなたの会社のPCは法人向けですか?もしも個人向けPCを使っているのであれば、この記事を参考に、法人向けPCを検討していただければ幸いです。これから先、WindowsのアップデートによるPCへの負荷や、新たなアプリケーションの導入がより加速していくことが予想されます。いつまでも個人向けPCのままでは、負荷に耐えられずPCの動作が重くなり、最悪はフリーズしたりOSが破損する可能性もあります。長い目で見て、あなたの会社の業務レベルに合ったPCの導入、選択をおすすめします。

弊社ルートシステムでは、IT業界に携わり30年の蓄積されたノウハウや最新の技術と知識を活かし、あなたの会社の業務改善や機器の選定、入れ替えをサポートします。
まずはお気軽にお問い合わせください!